2015年に国連特別総会で、2030年までの世界の優先目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。

日本国内でもピコ太郎さんがPRをして話題になりました。

日本では17個の目標が注目されることが多いのですが、SDGsの最も大切なメッセージは、「誰一人取り残さない」という大目標です。

これまでのように、もつ者がよりもつようにするのではなく、最も「周辺化」された人々、つまりは、最も苦しい状況におかれた人々を優先して、格差をなくすことが2030年までの世界の約束になったのです。

EMPOWER Projectではこの「誰一人取り残さない」という言葉をキーワードに活動を行っています。

 

「周辺化された人々」という国連用語には

・移民
・障害者
・高齢者
・先住民
・LGBT

の方などが含まれます。

日本における移民は1.8%、障害者は14%、60歳以上の人々は34%、LGBTは7.6%という数字が発表されています。

これら「周辺化」された人々は、時にマイノリティーといった呼び方もされますが、ここにある数字を足しただけでも40%を越えるように、実際にはかなりの数の人々が「周辺化」されていると言えるでしょう。